小説 吉田松陰 童門冬二

目黒区の名誉区民 童門冬二さんより本をいただきました。 小説 吉田松陰 外国の実情を知るためにアメリカ密航を企て失敗して萩の獄に幽閉された。 出獄後は松下村塾にて「誰でも持っている長所を引き出すのが教育である」という信念 … 続きを読む

小説 後藤新平 行革と都市政策の先駆者である後 藤新平氏の青年期から国づくり、都市づくり、満鉄経営、震災後の 東京経営など、現代に通じる一冊。響仙太郎著

小説 後藤新平  行革と都市政策の先駆者である後藤新平氏の青年期から国づくり、都市づくり、満鉄経営、震災後の東京経営など、現代に通じる一冊。響仙太郎著

日本の美徳

日本の美徳 恥を知るということ  日本人の希望は、どの国よりも恥を知る文化が あったこと。いまわれわれに求められているの が、地球上の限りある資源・環境・自然の中で 持続可能な・・・中野孝次氏が現代の日本人に 投げかける … 続きを読む

東京都中学校長会会長会報

先日、地元の東山中学校の卒業式へ参加させていただいた。145名の卒業 生たちを見送る牛島校長先生からいただいた会報である。卒業生以下、1・ 2年生も今回の大震災で大きな被害がでている気仙沼市へ「自然宿泊体験」 で全校生徒 … 続きを読む

一流選手の育て方

叱ることの難しい時代に佐藤はなぜ平気で叱ることができるのか。「それは悪いものは悪い、いいものはいいと余分なことを考えず、はっきりと言える自信と裏付けあるからだよ」(はじめにから抜粋)プロ野球のコーチを通し、現代社会に通じ … 続きを読む

福田和也/人間の器量

能力があるか、ないか。 いい人か、悪い奴か。その程度の事で、もて囃さ れたり・・・歴史的見地から人間観を説く興味深 い一冊 新潮新書