東日本大震災から4年 気仙沼市東日本大震災追悼式に参列させていただきました。

昨日の3月11日 平成27年気仙沼市東日本大震災追悼式に目黒区議会議長として参列をさせていただきました。
2時46分に黙とうをし、安倍内閣総理大臣の式辞、天皇陛下のおことばを政府主催追悼式中継を大型スクリーンにていただいた後、菅原茂気仙沼市長式辞、村井嘉浩宮城県知事・守屋守武気仙沼市議会議長の追悼の辞と続き代表献花をさせていただきました。

平成27年3月9日現在 気仙沼市の被災状況は、死者1,042名 身元不明2名含む(警察発表)行方不明者は225名(警察発表)
震災前より人口は6,686名の減で、この1年だけでみても699名の人口減が進んでいる。

気仙沼市の面積は333.41㎢で津波で浸水した面積は5.6%の18.65㎢
家屋の被災は、全体の家屋数63,803棟の40.9          %の26,124棟(全壊・大規模半壊・半壊・一部損壊)

産業系の被災状況は4,102事業所のうち実に80.7%の3,314事業所が被災し、そこに働く30,232人のうち83.5%の25,236人が

被災従業員防災集団移転の進捗状況は38地区、966戸が対象であり、市誘導型の南気仙沼地区を除き平成28年3月までに移転者に引き渡しができるよう進めている。また、災害公営住宅は28地区2,200戸整備予定で、用地取得など時間を要し遅れているが平成29年入居ができるよう目指し工事を進めている。

守屋議長や臼井前議長などと少しお話ができたが、様々な点において震災の爪痕が残っているがあと4年でかなり変わってくると思う!と笑顔で話されていた点が印象的であった。
言葉にできない辛さが多すぎる状況と推察されるが、国民全体として支えていかなければならないと改めて感じる。094088 095 104 086 065 045 038 077 081

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です