生活福祉委員会陳情審査

生活福祉委員会 陳情審査
(1)区にに対して、骨格提言に基づく「障害者総合福祉法」の制定を求め
   る意見書提出に関する陳情

新法制定に対して、障害者制度改革推進本部骨格提言の合意内容が反映されていないことから、骨格提言に沿った形で改定することと共に、必要な予算措置を求める意見書提出を!というもので、今回は全会一致の閉会中も調査研究を要する継続審査となった。

(2)目黒区民キャンパス北西隅の空地を「憩いの安全広場」として使用
  する陳情書

実施計画上、目黒区の4番目の特別養護老人ホーム計画地になっている部分を憩いの安全広場にしてほしいというもので、自民党はこれからの実施計画、公共施設等を今後どうするか論議する特別委員会、施設白書による今後の施設、用地のあり方等、重要で総合的判断の一部なので閉会中の継続審査。

(3)子宮頸がん「予防ワクチン」接種事業の改定に関する陳情

ワクチン接種にかんし、保護者負担の原則を取り入れるべきという内容。予防接種法に組み込まれたが、考え方の基本は賛同できる。しかし、結果は閉会中の継続審査。

以上、生活福祉委員会の3本の陳情に関しての結果です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です