生きる糧

今日、「がんばろう気仙沼」イベントに出向き
ました。
今、気仙沼の一番の思いをお聞きしました。
仕事がしたい!気仙沼は漁業が盛んで日本有数
の水揚げ高を誇る漁港でした。
「船がほしいのです」生きる糧とし仕事をしな
ければならないと同時に、自立へ向けてまだま
だ困難な状況にある中で、「船がほしいので
す」間違いなく長期化する復興ですが、被災者
も当然「仕事」ができないことが心配です。
今を生きる事と生活再建、将来への展望を見出
してもらうために、何か方法を模索してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です