私の震災に対する今後取組みたい事

1・今回の東日本大震災により、帰宅難民対策
  や電力不足時の対応など、都市部では顕著
  にその脆弱さが浮き彫りとなりました。
  区内には区役所を初めとして、重油で自家
  発電ができる施設が複数あり、帰宅難民者
  を大量に受け入れることができます。
  また、焼却により大量の発電を行っている
  清掃工場からの電力供給を地域の救急医療
  機関に行うなど具体的な対策を提案して行
  きたいと思います。

2・今般の電力不足は、区民生活に大きな影響
  を及ぼしています。特に深刻なのは、これ
  から訪れる夏場の電力不足で、子供や高齢
  者を熱中症などの危険から守るため、猛暑
  日等における見守りの強化を進めます。
  また、夕方や夜間の気温が下がった時に区
  役所で手続きができるように窓口開設時間
  の延長にむけて取り組みます。

3・今回の電力不足は、区民の皆さんのご協力
  により、京都議定書に定められた基準を大
  幅に上回る温室効果ガスの削減をすること
  ができました。
  はからずも震災によって得た節電の経験を
  次に活かすための取り組みを進めます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です