企画総務委員会条例審査

第3回定例会の企画総務委員会に付託された4件の条例審査のうち2件は
生活福祉委員会の文教・子ども委員会の答弁者に出席してもらうため
に24日本日に委員会をずらして審議をおこないました。

1・目黒区教育に関する事務の職務権限の特例に関する条例
賛成多数で可決(賛成自民・民主・公明・工藤
反対共産・独歩)

2・目黒区組織条例の一部を改正する条例
賛成多数で可決(賛成自民・民主・公明・工藤
反対共産・独歩)

二本を一括議題にし審議した。
すでに、企画総務委員会では10月13日に当委員会へ基本的考え方など
報告を受け質疑応答がなされている案件で、学校における体育に関す
ることを除くスポーツ部門、文化財の保護に関する事を除く文化に関し
今まで教育委員会が所管してきたものを区長部局に移行し、組織の改編
をおこない、より発展できる芸術文化・スポーツの振興を図ることが目
的である。
組織改編案としては
教育委員会事務局の芸術文化・スポーツ振興が区長部局の区民生活部に
改変され、仮称区民生活部文化・スポーツ担当部長が新設され、その中
に文化・交流推進課、スポーツ振興課が配置される。(国際交流担当課
は廃止<外国人相談窓口運営は区民の声課・多言語ホームページは広報
課に移行)そして、地域振興課・税務課・滞納対策担当課長・国
保年金課・戸籍住民課・地区サービス事務所と産業経済担当部長のもと
産業経済課・消費生活・区民センター整備担当課長がおかれるという内
容である。

今までも多くの質疑のやり取りがされており、当然反対の意見もある。
今までの教育委員会で特に問題となることは無かったが、昨今の区民の
動向などから考えていくと、芸術やスポーツといったものに関し、教育
財産だけでなく、幅広く区の施設を使用できるなどのメリットも広がる
。願いは、善良な区民が様々なネットワークや施設等を有効に利用し、
健康で明るく、心豊かに生活ができることだと私は思います。
職員の方も組織の改編でご苦労はあると思いますが、区民の生活向上の
一つとして頑張ったいただきたいと思います。

2010年11月24日(水)

コメントは受け付けていません。