今日の企画総務委員会

条例審査2件

1・建物購入については、清水池公園横の目黒本町2-21-3に
区営住宅と高齢者福祉住宅を複合した形でプロポーザブル方式
をとり、財団法人首都圏不燃建築公社への随意契約とし、買い
取り方式によって建て替え及び整備を進める。
公営住宅法上大きく3つの方法が考えられ、直接建設・買い取
り方式・借り上げ方式があるが、今回、実施設計・解体・建築と
一体的な工事によって経費コスト面に対し大きく効果が表れた結
果となっている。

予定価格は10億2,867万1,186円で10年間の割賦契約
H24に一時金約6,000万を支払い約4億円をH34まで割賦により支払
っていく。

企画総務委員会としては全会一致で原案どうり可決

地元事業者の活用・育成などが今後の課題となりそうである。

2・目黒区立下目黒福祉工房における利用者の負傷事故に
関する和解について
事故発生はH20年6月23日同福祉工房1階の階段下で転倒し頭部
を強打し救急搬送されたが意識不明の重体となった。
H21年12月4日に退院し自宅療養となったが、現在も意識回復が
なく、重症意識障害・後遺障害1級と判断された痛ましい事故である。
施設面で不具合等があったわけではないが、安全面の強化・対策を
おこなってきている。
和解の内容
損害賠償額1億1,027万6千円 将来介護費・将来消耗品(治療品等)
住宅の改築等13項目を含む
既払額327万6千円(補償保険金・障害保険金等)
差し引いた1億700万で和解成立するという事で議会の議決が必要
な案件である。
全額、特別区自治体総合賠償責任保険・施設用賠償責任保険から
給付金をお支払いする。

企画総務委員会では全会一致で原案どうり可決

まだ若い方なので、回復をお祈りするばかりである。

2010年11月19日(金)

コメントは停止中です。