大岡山小学校NHK合唱コンクール5年連続金賞!

大岡山小学校がNHK合唱コンクールで5年連続の金賞を受章した。

今回は6年連続7回目の出場であり、うち5年連続の優勝である。

10月の13日土曜日に目黒区内のホテルで開かれた祝賀会へ
文教・子ども委員長として招待され出席をさせていただきました。
我が母校でもある「大岡山小学校」が5年連続で優勝したことは
非常に嬉しいのだが、指導者である丸山先生のお話しを伺い
内なる苦労が垣間見れたような気がした。

本年度の合唱団では、様々な理由によりコンクール出場をしない
意向を伝えていたそうで、活動自体も約一ヶ月遅くノンビリとした
スタートだったと言うことでした。

しかし、保護者は「出来ることは何でもします!!」たとえ金賞が
とれなくても、それに至る過程で子どもたちの成長に寄与できる
変え難い経験を得られる事。また、子どもたちも全国大会へ出場が
できなくとも挑戦をしたい!ということでコンクール出場に向け
遅いスタートが切られたということでした。

私は、このお話しを聞いたときに感じました。
先生自体すでに4年連続の優勝をし、その間毎日の練習そして練習
使命が全国優勝となっていないか?本来の子どもたちの教育者としての
立場・・・様々な葛藤があったのは確かなことではなかったのではない
でしょうか。
しかし、今回の保護者の明確な意思と行動と協力、子どもたちの
現状の力量の把握と努力、そして丸山先生の教育者としての志・・・

公教育に今かけているものが全てそろった中での「結果」だったのでは
と私は思いました。

教育的信念を持った教育者、それを信じ日々努力する生徒、両方を見据
えた中で環境を整え行動する保護者、かげながら母校を応援する同窓会、
そして心ある地域の方々、合唱という一つの活動を通じ、様々な立場の
方々が出来ることに尽力し、子どもたちが結果を出したんだなーと
つくづく感じさせられました。

いずれにせよ理屈抜きで嬉しい出来事でした!!
本当におめでとう!
2007年10月14日(日)

コメントは受け付けていません。