お蔭様で当選を果たしました

4月15日(日)に告示された目黒区議会選挙
2期目に挑戦をさせていただきました。

告示までの期間、3月本会議・予算特別委員会、陳情や
自らの進める政策などで、選挙の準備が本当に遅れ
正直、間に合うかというくらい目まぐるしい日々でしたが
何とかスタートを切れました。

今回の大きなテーマは「共感力と共汗力」
議員とは、とかく「話すことが仕事」と言われることが多いいが
話すこと、伝える事ももちろん大切だが、聞くことや感じ取る
という事が非常に重要であり、「声なき声」を感じ取る事や
相手の意向を少ない情報からでも読み取っていくという事は
非常に重要であり、それらを実行するためにはお互いに行動する
すなわち「共汗」していく事が大切であるという意味で、
大きなテーマとしました。

ほぼ自転車と徒歩で選挙を戦い、朝のいわゆる駅頭(街頭演説)も
マイクを使わない!なぜならば、うるさいと思うのである。
区民と議員の距離感はかけ離れてはいけないし、主張も大切であるのは
確かなことだと思うが、「朝の駅はうるさい!」通勤する方とすれ違う
のにおよそ3フレーズぐらいの単語しか投げかけられないが、一方的な
押し付けの演説よりも

マイクを使わない方が
より距離感は近くなる!

区民と議員の距離間、私は非常に重要なものとして捉えて選挙を戦わせて
いただき1,841票で、48人の候補者中15番目で当選をさせていた
だきました。

当選がゴールではなく、当選後に何を進めていくのか、選挙で訴えた
公約をどう実現するために仕組みや仕掛けを積み上げていくか・・・
すでに2期目がスタートします。

御支援を頂きました事を感謝申し上げます。

取り急ぎ選挙の報告でした。


コメントは停止中です。