子どもたちの水と安全な教育環境整備を

いその弘三議員(自民)

質問 職員の意識改革について、①ISO9001品質マネジメントシステム認証取得をし、区民サービス向上につなげよ。②各種調査を行い、区民サービス向上と事務事業効率化を図れ。

区長 ①「リフレッシュめぐろ」の取り組み、ISO14001認証取得、事業評価制度等の実践を重ねて、マネジメントシステム確立を図る。②各種調査や集会等により意見の把握に努め、サービス向上を図っていく。さらにコスト意識徹底や成果重視により、職員の意識改革や事務事業充実を進める。

質問 区長初め幹部職員が庁舎入り口で率先して朝のあいさつをせよ。

区長 いつでもどこでも心を込めたあいさつで応対している。

質問 学校の飲料水について、①普通教室冷房化より飲料水改善の優先を願う保護者の意見は承知か。②一部学校にあるウォータークーラーの水質は問題ないか。③ミネラルウォーターを供給できないか。④代替飲料を持ち込めるか。⑤代替飲料を給食時以外にも飲めるようできないか。

教育長 ①保護者の意見はさまざまな機会に伺い把握している。学校で飲料水である水道水は、文部科学省の「学校環境衛生の基準」に適合したものである。普通教室冷房化は長年にわたる要望を受けたものであり、学習環境改善の観点から整備を行った。②必要な管理を指導している。③ミネラルウォーターは「学校環境衛生の基準」に適合せず、学校の飲

料水としては不適切である。④⑤代替飲料も、不審者による異物混入などを防ぐため職員室で管理している場合もある。安全管理と自己管理の兼ね合いによる対応を考える。

質問 区立幼稚園、小・中学校の危機管理について、①不審者侵入の危険予知策はどうか。②予防・回避対策はあるか。③被害を最小限にする準備をせよ。④専属の危機管理者設置や学校職員による危機管理チームの結成をせよ。⑤警備員を急ぎ配置せよ。⑥警察・消防とのホットラインを設置せよ。⑦PTAや地域との連携の状況はどうか。

教育長 ①各校に合う対策で万全を期す。②定期的点検実施、関係機関と連携した支援体制整備、情報の収集・提供をしている。③緊急事態に備えた避難訓練実施等の指導をしている。④園長や校長が危機管理者の責任を果たし、教職員も組織的に緊急対応するよう努める。⑤考えていない。⑥設置済みである。⑦学区内巡回協力の呼びかけや「子ども110番の家」設置をしてきた。

質問 放置自転車や環境負荷の対策、商店街活性化や高齢者・障害者の移動機会確保に、利用者無料の低公害型シャトルバス(エコバス)導入を検討せよ。

区長 新たな交通システムも視野に入れ、路線設定や受益者負担の考え方を踏まえ、研究する。

コメントは停止中です。