解散総選挙~構造改革解散!!~

8月8日(月)参議院本会議において、郵政民営化法案が否決されました。

小泉構造改革!「自民党をぶっ壊す」「民間でできることは民間で」と
小学生でも知っているフレーズ、何も総理大臣になってから言い出した訳では
無い事も、国民の多くは知っているはずです。

今回、”郵政民営化解散”と言われている訳ですが、その心は!!
郵政関連の今までの努力を否定しているわけではなく、明治4年からスター
トした郵政事業、130年余の歴史を見たときに、激動の日本の中で余りある
重責を果たしたことも事実であり、否定されるものでは無い!ということだと
私は認識をしています。

しかし、時代の移り変わり、社会経済活動や構造、国際社会の中での役割を
大局的に見据えた場合、郵政事業における特に”郵貯””簡保”事業において
集められる340兆円という資金が、国の機関に移行され、国の事業、例えば
最近話題になった橋脚工事に絡む不正といった事に結びつく、簡単に言えば、
計画・自主性の無い資金運用、無駄な税金投入をしていると言えるのではないでしょうか。

反対票を投じた議員は、お題目としての「行政改革」「財政改革」を謳い
「保身」のために、選挙を勝ち抜いてきたと言わざるおえないと考えます。
何故なら、「郵政民営化法案」は郵政改革だけでなく、構造改革を本気で推
進していく”入口”に過ぎないと言えるのではないでしょうか!

国と地方を合わせた長期債務残高(借金)は850兆円、私には想像がで
きない金額です。改革を推進していかなければ、公債依存度は毎年40%以
上を推移しており、金額で言えば毎年35兆円前後の借金を積み重ねていく
事になります。(先進国では考えられない内容です)

みなさんは、子どもや孫たちに、このままバトンを渡せますか?

日本郵政公社生田総裁は、こう話ていたそうです。このままでは破綻に
向って走っていく・・・。
その先のゴールに光が見えないのであれば、灯火をつけていく、批判を受
けても道筋をつけていく、それが政治の使命であると私は思いました。

直向に、真面目に仕事を、生活をする人が馬鹿を見ない!そんな社会を実現
するために、国民としての末席から、そして子を持つ親として頑張っていか
なければならないと思います。

2005年08月08日(月)

コメントは停止中です。