第2回目黒9議会勉強会(東大駒場キャンパスにて)

2004年07月28日(水) 目黒9議会(一期生勉強会)日記参照 に引き続き
昨日の10月12日(火)夕刻より2回目の一期生勉強会を
東京大学教養学部駒場キャンパスにて行いました。

あいにくの雨の中でしたが、キャンパス内を案内していただき
みどりの遊歩道や東側にある池なども見学させていただきました。

池は中央環状新宿線の地下トンネル工事の影響なのでしょうか?
湧水が枯れ、今年の夏には生息していた魚などが死んでしまったそうです。
広大な敷地を網羅する遊歩道もありますが「人の手」を少し入れて整備が
必要な状況といえるでしょう。
しかし、大学側も色々な事情を抱える中で一気に整備とは当然いかないのが
現実だと思います。

浅島教養学部長・兵頭副学部長・山本副学部長・風間事務部長と
最高学府の学部を牽引する方々との会談は、非常に有意義であり
大学の抱える課題・目黒区の課題と接点を見い出し大学と目黒区
双方のbenefit(利益・恩恵)を生み出すきっかけが持てました。
詳細については今後段階的に情報発信をしていきたいと思います。

生命環境科学系 身体運動学の「深代 千之」先生による
予防介護(パワーリハビリ)のプレゼンテーションは
なるほど!!わかりやすい!(^^)!面白い!!でも冗談は少し(^0_0^)
この分野では深代先生は第一人者で、今回の勉強会の段取りを
していただきました。(報告はまとめ次第UPいたします)
開かれた大学と地域連携を実践するために、今後もお知恵を
お借りしたいと思います。

ありがとうございました。

2004年10月13日(水)

コメントは停止中です。