15年度決算特別委員会 総務費質問その1

17日より平成15年度決算特別委員会が開かれています。
私は総務費の款で質疑をさせていただきました。

1・私立幼稚園補助の件
いま目黒区でこどもを育てて行くFamily世代は
金銭的に大変です。

私立幼稚園入園時にかかる費用は(選考料・入園料・保育料)
目黒区20園平均で年額475.620円ここから
入園料補助40.000円と所得に応じての保育補助があるわけですが
区立幼稚園とは比べ物になりません。

区立幼稚園は入園料1.500円、月額保育料7.500円
年間91.500円です。

しかし、幼稚園教諭の給与を比較すれば
区立幼稚園教諭(平均43.8歳)14年度実績で
8.138.370円/年 (508.101円/月)+期末勤勉手当

2.041.158円で年収が1千万を超

一方私立幼稚園教諭は
3.489.743円/年 (217.168円/月)+期末勤勉手当
883.727円で年収で5百万に満たない額です。

この事から少子化の中で子育て支援策の一端として
補助額を上げる・入園費負担を少なくする・月額保育料を月々での
決済にと質問をしました。
答弁の中で事務処理等煩雑な作業で無理というような
解答に少々行政の姿勢が現れている、少子化の中
目黒区行政Family世帯と一緒に、子育てをしやすい政策を実行して
いかなければ本当に目黒から子どもの声が聞こえなくなって
いくと心配しているのは私だけではない。

2004年09月27日(月)

コメントは停止中です。