予算特別委員会

本日から8日間毎日10時~17時予算特別委員会がいよいよ始まりました。
平成16年度予算規模は920億円余減税補てん債の借り換えに伴う歳入歳出を除いた実質ベースは850億円余になります。

減税補てん債とは?
国の減税政策により個人住民税の減税が実施された場合、その減収額を埋めるために借入れする地方債です。

各会派から統括質疑が始まりました、契約課長の逮捕に関連した質問も当然出ており、役所の内部の混乱も伺えます。

大事な事は、助役以下職員全員が区民に対し申し訳ないという姿勢が必要であり、罪状が確定していない状況下において今こそ再発防止に全力を尽くすべく職員へのトップマネジメントが試される時である。
また、議員も党派や会派を超え危機的な状況を乗り越えるために事実の追求は必要だが、知恵を絞り区民への不利益が生じないよう考えていかなくてはいけないと思う。
不正をさせないシステム作りは一夜で出来るものではないのですから。

2004年03月15日(月)

コメントは停止中です。